ビジネス

退職理由が精神的に限界でしんどい時の書き方や伝え方は?

退職理由が「精神的に限界」「しんどい」の場合での書き方と伝え方のポイント

はじめに退職理由の書き方のサンプルをご覧ください。

[書き方の見本]

ホントにこれだけ書けば十分です。

「精神的に限界」でしんどい時の退職を切り出すときのポイント

退職を切り出したことがある人は分かるかもしれないのですが、退職を切り出すと思ってもみないことが起きたります。 それは主に退職を切り出した相手のリアクションですが、用意をしておかないとあとになって後悔するかもしれません。

下記から、退職を切り出したい方の為に退職理由の伝え方のポイントなどを紹介します。

相談ではなくて決定事項を伝える!

まず基本として、退職を切り出すケースでは相談ではなく決定事項として伝えるべきです。 ”なんとなく退職の相談がしたくて…”や”退職しようか悩んでいるんですが…”といった相談のような切り出し方はやめたほうがいいです。

ハッキリと相談したいのであればこの切り出し方でもOKです。 しかし、もう自分の中で”退職する”という気持ちが凝り固まっているのであれば違う言い方をするべきです。

たとえば、”この会社を退職したいんですがお時間頂けますか?”といったように退職するのは決定事項で切り出すべきです。 このほうが退職するか悩んでいるといった相談ではありませんので、話が早いです。

退職する意思が固まっている人は、相談ではなく決定事項の形で切り出すことを意識しておくべきです。

退職するまでの時間は短めに伝える

こちらに関しては、一日でも早く退職がしたい方向けの事前の備えです。 退職を切り出した後には、「いつまでに辞職したいの?」といった退職するまでの期間のやり取りしが必ず行なわれます。

もしも、2ヶ月後に退職したいとしたら「1ヶ月後に辞めたいです」と伝え、1ヶ月後に退職したいのであれば「1日でも早く辞めたいです」と正直に伝えるも有りです。 その理由は、ほぼすべて退職を切り出すと引き止められます。

そして大半のケースだと、希望とする退職期間を伸ばすことが出来ないかを聞かれます。 1ヶ月以内と伝えたら2ヶ月後、2ヶ月後と伝えたら3ヶ月後というような調子です。

もし、一日でも早く退職したいなら引き伸ばされるの考えて、退職期間を短めに答えるよう前もって準備をしておきましょう。

退職するというしっかりした意志を持つ

精神論的に変わってしまいますが、退職を切り出してもしっかりした意思が無いと流されます。 退職を切り出すと、その行動が出来たことで少し達成感を感じてしまいます。

退職の話し合いになると、当然”なぜ辞めたいんだ”という話となってしまうため、今まで心の中に溜めていた思いや不満を吐き出すことが出来ます。そして先ほども解説しましたが、ほとんどの場合で退職の引き止めに合います。

このような感じで話し合いが進むと、退職を切り出すまでは”ほんと無理、絶対に辞める…”と考えていた気持ちが軽くなっているかもしれません。 そうなると、”1ヶ月以内に退職したいと思っていたけど、半年くらいは乗り越えられるかも!”と思えたりします。

しかし、それはその時点だけの感情で、次の日には”半年は絶対無理…”となってしまうことが考えられます。 継続して働き続けられることに越したことはないです。

ですが、退職を切り出すとその瞬間感情が揺れるかもしれません。 退職したいという意思が強いなら、それを保つように意識してみることをおすすめします。

退職理由は一身上の都合で伝える

見本を見て貰えればわかるように「一身上の理由」で伝えるのが結果として心配ありません。

「精神的に限界」という意図を伝えるのは先方に理解をもらうための説明文としては表現が難しく、何も考えず詳しく書くとトラブルやこじれる要因にもなります。

(解釈されなくて受け取ってくれない、というかも知れません。) なので、「一身上の理由」にして処理するのが結果的に一番安全な対応となります。

退職願(退職届)は一身上の都合以外の理由で伝えるのはむずかしい

精神上の問題への理解は企業によってはまだなじみが薄く理解しづらいかもしれません。 仮に「精神的な問題」という悩みが認知されるぐらい理解力がある企業であれば、根本的にアナタが退職しようと切羽詰まるようなことも無かったかもしれません。

精神的問題を汲み取ってくれるような環境がないから、精神的な問題がプレッシャーになり、退職を考えることなった・・とも言えます。 よって、何回も言いますが「一身上の都合」で処理するのが一番手堅いです。

一身上の都合で理由を尋ねられるときの対処法!

法律的には退職理由を伝える必要は無いので、「一身上の理由です」で押し通しても不利益を被ることはないです。 「一身上の理由です」と言い続ける、又は『だんまりを気にせず「言わないぞ」というスタンスを相手に見せ続ける』だけでOKです。

上司への辞める場合の伝え方・重要ポイント

  • 繁忙期を外す
  • 退職の1~3ヶ月前には上司に伝える
  • 人間関係やプライベートな不満は伝えない

などを退職時の伝え方のマナー・注意点として予め意識しておきましょう 。

退職を伝えるなら月曜日

人それぞれに意見は分別されますがスピーディーに辞めたいなら月曜日がおすすめ。 週末(金曜)だとリアクションが週明けになりますぐに動き出せません。

月曜日であれば最速当日、もしくは翌日の夕方ぐらいには企業側から何かの動きが出てくるでしょうから、「早期に退職を決めたい」といった場合は月曜日に動き出してください。

退職理由が「精神的に疲れた」の時も一身上の都合で辞める

限界というようなことまではいわずとも「もう疲れた」という場合に辞めたい人もいます。 精神的に疲れた時の辞め方のポイントは精神的に限界と同じく「精神的に疲れた」とは伝えない『一身上の理由』に徹する となります。

「精神的に疲れた」と伝えると代替案をツッコまれて引き止められるケースもあります。また、仮に引き止められて辞めなかったときは「たちの悪い人」として社内評価がダウンする危険もあります。

どちらにせよご自身にとってデメリット・リスクが高いため精神的に疲れたと伝えるのはおすすめしません。 また、そもそも論としてメンタルな問題は相手に理解されにくいので、何も考えず伝えるよりは一身上の都合で伝えた方が話が理解しやすいです。

適応障害で退職するケースでの伝え方

精神的なダメージが限界を超え、現に適応障害という症状として現れたときの退職の伝え方やポイントも併せて解説します。

診断書を出してもらう

心療内科で診断書を出してもらってください。

”診断書は、患者さんの状態を診た医師が、専門的な見地から見解を出すものです。心療内科や精神科で扱われる診断書は、それ自体に公の意味をもつため、会社側は安全配慮義務に従うことが必須条件です。 心療内科で発行される診断書の内容と意味は?|名古屋のひだまり心クリニック

診断書には病名(「うつ病」「双極性障害」等)、休職期間、環境調整の見解(職場や学校など、環境による影響がどれだけ現れているか)が記載れます。

つまり、診断書という存在があることで公正に適応障害であること・働ける状態でないことの証明になります。

上司に退職の旨を伝える

直接伝えた方が状態としてはいいです。 ただし、あくまでその人・その時の状況によるので、リアルにどうしようもないぐらい追いつめられているケースではご自身の安全第一ですので電話やメールで伝えてください。

なお、診断書を用意したくらいでは働ける場合ではないことの証明で終わるので、必ず退職希望だということも併せて伝えてください。

引き止めや部署異動のお願いが出た場合!

一度休んでまた頑張ろう、という引き止めや部署異動による代案がでることがあります。

一回の休息や部署異動でメンタルや環境が変わるのなら選択肢とはなりますが、「大きく環境を改めたい」「もう職場に居たくない」というぐらい追いつめられた状況であれば退職・転職してください。

適応障害など精神疾患による退職理由は一身上の都合で支障はない

上司には正直に伝えることが大切ですが、ほかの方には「一身上の都合」でOKです。

精神的な疾患は周囲の理解を得にくいため、下手に伝えるより一身上の都合と伝えた方が良いです。

適応障害やうつ病が退職理由の時、転職活動時に影響しない書き方や伝え方は?

退職後に転職活動を考えてみるとき、自分の症状に戸惑いが無いのでれば自発的にうつ病のことを伝えることはありません。

一方、不安があり入社後にある程度の悪影響を与える懸念が拭えないときは素直に伝えて勤務先理解を得ておきましょう。

なお、「うつ病とは言いたくない、でもどうしても退職理由を聞かれる」というような時は「一身上の理由」と伝えれば何の問題もありません。

退職理由が上司が要因のときのポイント

「直属の上司が原因だとさらに退職を伝えるのは難しい」

悩みの原因が直属の上司にあるケースでは、退職を伝えるのはなかなか難しいです。 特に精神的にキツく、万一の際は上司とトラブルになる可能性も0ではありません。

パワハラする上司への退職の伝え方は「覚悟」と「割り切り」

しかし、あれこれと言えずに我慢し続けることが問題となるのも事実です。 このような時はどう伝えても遺恨やモヤモヤがお互いに残ることはやむを得ないです。

なので、覚悟を決めて気持ちも割り切った上で退職の旨をストレートに伝えるしか方法がありません。

絶対に退職を直属の上司に言いたくないけれど精神的苦痛が限界(しんどい)で辞めたい

  • 上司と顔をあわせずに辞めたい
  • 仕事場へのストレスがもはや限界!
  • 上司から毎日のパワハラについてストレスが限界
  • 上司とそりが合わない、鬱になりそう。
  • サービス残業が当然。定時で上がれたことが無い

上記のような思いに悩んでいるとしたら上司との人間関係はもちろん職場環境が自分に適していません。

ご自身の精神的にもかなり厳しい状況にあることは明白ですよ。

退職理由として「上司とそりが合わないから鬱に・・」とか上司が元で退職を考える人は多い

合わない上司と日頃からかなりの時間接して仕事し続けると、いつの間にかストレス過多になり鬱や適応障害、睡眠障害など心身に大きな弊害が生じるかも知れません。

「上司と合わない」という事を安易に考えるのは危険です。 それぞれの身の安全・今後の人生のことを考えても絶対に我慢して居続けるという状況にすることは禁物です。

退職でこじれることがないよう、弁護士法人という専門機関に任せた方が良い

「100パーセント退職の原因は上司、だけど本人に直接伝えるのはちょっと、、、」といった場合は「弁護士法人が運営する退職代行サービス」に相談して辞めてしまいましょう。

なぜなら、弁護士法人の退職代行サービスを使うと

  • 100%退職できる
  • あなたは嫌な上司と顔を合わせることも勤め先に行く必要も無い
  • 早いケースでは即日から会社に行かなくても良い状態になれる

などが正確に実現するからです。 それ以外に、

  • 未払いや有給消化の交渉も可能
  • 希望者には退職後の転職相談にも乗ってくれる

等もあるため、退職代行に依頼費を支払うを越える利用メリットがあります。

そのため「自分から切りだせない」でも、「どう考えてもすぐにでも退職したい」という重い状況である人なら弁護士法人が運営する退職代行サービスに相談してみてください。

万が一のトラブルも安心なサービス↓↓

企業からの精神的苦痛やストレスを回避するために、退職して解き放たれるべき

退職代行を活用するだけで、

  • 精神的負荷の多い会社・胃がキリキリする職場が無くなる
  • 気分と生活にゆとりが生まれる

こういった未来が100パーセント手に入ります。

現在と比べて環境が改善されることだけは確実。

ホワイトな会社はたくさんありますし、少なくとも「今よりもブラックじゃない会社」は世間にはたくさんあります。

退職して今の過酷過ぎる環境を離れるだけで現状よりも自分の生活環境が改善されるのは確かです。

これから先長い間上司によるハラスメントに我慢する毎日、サービス残業の継続や休みがとれない生活をやり続ける義務はあなたにはないはずです。

精神的理由で退職するケースでも100%辞めることが出来ます

あなたが退職代行を使うことの6つのメリット!

  1. いかなるブラック企業でも問題なく退職ができる
  2. 相談した即日から業者は動き始めてくれる
  3. 少なくとも即日で勤め先に行かなくて良い状態になる
  4. うまくいけば即日退職もある
  5. 損害賠償といった脅し文句におびえなくていい
  6. 精神的苦痛は退職理由として十分すぎる原因!

ストレスだけではなくメンタルや精神的な悩みは相手に理解してもらいにくい傾向にあるため、退職理由になるのか?と不安なことだってあると思いますが、精神的な悪い影響はうつ病・適応障害・過度のストレスによる身体異常、等に影響するため退職理由として十分すぎるくらいの理由となります。

本当につらい思いをしているのであれば自らの身の安全を守るためにも仕事を辞める決心をすべきです。

「個人的に辞めるのが難しい」と真剣に悩んでいる人だけが相談してください!

退職代行への申し込みは日々増えており、労働組合としても依頼された方一人一人に対して親身に応じるので何となくある程度の時間を割くことになります。

つまり、不必要に連絡をしてしまうとその時間の分、本来対応すべき本当に困っている方へのサポートが中途半端になってしまいます。

興味半分の方は必要ない連絡は控えていただくだけでなく、ご自身で退職申請ができる人であればご自分で退職をすすめてください。

「辞めたいけど、どうがんばっても自分から辞めるのを切りだすのが難しい」と、しっかりと苦しい思いをお持ちの人だけがが弁護士法人が運営する退職代行サービスに相談し、いま状況の改善に役立ててください。

万が一のトラブルも安心なサービス↓↓

精神的に限界で退職した結果は?

精神的限界で辞めた後「あぁしておけばよかった」「こうしておけばよかった」と思ったなどの口コミひとつ厳選してまとめました。

もっと早急にやめるべきだった !

結論ですが、もっと早く辞めるべきだったと思っています。 理由には3つ。

  1. 年齢があがるにつれ転職しにくくなる
  2. 良い求人はすぐ取られる
  3. ガマンしても結局やめることになったから

先ほども解説したんですが、僕は精神的にストレスを溜め込んでから辞めるまでに2年もかかっています。

2年は結構長いですし、よく2年も耐えたなといえます。 キツイ状態を2年続けるくらいなら逃げて別の道に前に進んだほうが絶対にいい。

日本は自殺が多い国でもあります。最悪の展開を避けるためにも、辛いことは我慢するんではなく「すぐ逃げる」。

これを絶対にやって欲しい。

万が一のトラブルも安心なサービス↓↓

  • この記事を書いた人

点と点が線

雑学王になりたくて、日々様々なことをインプットしています。とくに、お土産・イベント・お祭り ・スポーツ ・ビジネス ・ファッション ・ライフスタイル ・レジャー ・健康 ・動物 ・天体・気象・年末年始・お正月・引っ越し・役立つ雑学・掃除・敬老の日日本の習慣・行事 ・植物・法律・制度・海外・英語・紅葉・結婚式・恋愛・美容・電子機器・テクノロジー・飲食・顔文字・絵文字などのジャンルが得意で、あなたが「今すぐ知りたい」と思うことをズバッと解決する情報を発信していきます。

-ビジネス