ビジネス

【解決!】仕事を辞めさせてくれない!人手不足編

人手不足でどうやっても辞めさせてくれない、でも辞めたいなら!

弁護士法人が運営する退職代行サービスの活用が1番おすすめ。

その理由は、あなたは会社に退職連絡することも職場に顔を出すこともなく、 弁護士法人 が代行して退職するまでの処理を全部進めてくれるからです。

分かりやすくいうと、

「100%退職が可能」

「電話やLINE(メールでも可)で直ぐ相談ができる」

「相談後スピーディーに動き出してくれる」

「有給消化や残業の未払いについても変わりに交渉可能」

など、退職代行に費用を支払うを上まわる利用メリットがあります。

そのため、退職を切り出してもどうしても辞めさせてくれない。

どうしても辞めたいけど自分で辞めることができない。という時は、迷わず 弁護士法人 が運営する退職代行サービスに相談することをおすすめします。

万が一のトラブルも安心なサービス↓↓

仕事を辞めさせてくれない理由が人手不足なら・・

仕事を辞めさせてくれない理由が人手不足だとしたら法的な力はないので従うことはありません。

仕事を辞めさせてくれないことは在職強制によるパワーハラスメントです。 耐える必要も泣き寝入りする必要もあり得ないので退職しても問題ないです。

人手不足は会社の責任しかありません!

人手不足はあなたの責任ではないと断言します。 法律的な観点できちんと理解するなら、人手不足問題は人材不足を見越して人材確保を行うことをおろそかにした会社の責任となってきます。なので、あなたが心配する問題ではありません。

そもそも退職は民法第627条で定められた労働者の権利

法で定められた権利を行使するだけなので労働者側に落ち度は一切ありません。

民法第627条、退職は労働者の権利:
第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

民法第627条

民法第627条により労働者には退職の権利が決められており、会社には労働者の退職を退ける権力はありません。

なので、「理由の如何を問わず」また「社内規定がどうであろうとも」退職の意思を伝えてから2週間以上経過すれば労働者は退職が可能です。

人手不足は仕事が辞められない要因にならない!

退職時に「辞めたら周りのみんなに迷惑がかかるから」といったように考える人もいるのですが責任の所在が間違った見解です。

人手不足に気にかける人情自体はわからくもないですが、法的な義務としての強制力は一切ないです。どうしてもに関しては無理することなくあなた自身の退職を優先してしてください。

人手不足を理由に仕事を辞めさせてくれない企業が危ない!!

人手不足理由になぜかやめさせてくれない会社はかなり危険です。人手不足にはいろいろな会社の状況が考えられますが、どれをとってもデメリットばかりです。

例えば 会社の経営財務があまり良くないため採用にお金をかけられない、 教育環境が悪いため離職率が高い、 強い引き止めで退職を拒否する、 その上退職させないように脅してくる企業さえあります。

具体的に説明していきます。

・求人にお金をかけられない財務状況

これは非常に危ないです。 ひとを採用するというのは費用がかかります。 分かりやすくいうと、採用に関わるひとの人件費、中途採用の募るときの費用などさまざまなお金が必要というわけです。

一般的に会社として必要な経費になるのでかかるのは当然という考えですが、 会社の財務状況が良くなく経費をカットしなければいけない状況のケースだと、真っ先に削減される所になります。

採用にお金をかけられない状況で辞められると本当に困るので、なんとしてでも引き留めにくるでしょう。 そして一番考慮しなければならないことは会社としてのビジネスがうまくいっていないため利益が出していない、いくらかの損失をだしてしまい経営状況が悪い状況だということです。

会社はひとで運営されています。 そこにお金をかけらなれないならどんどん悪い方向に行ってしまいます。

人を育成することが出来ない

“人を育成することが出来ない”という状況も良くない流れです。 育成することはできないという状況は、言い換えれば

・スキルを持った人間がいないため教育するひとがいない

・他社から中途入社してきた人間しかいない

・人が育たないためどんどん辞めていく、また中途で採用する

同じことの繰り返しです。 辞めたら採用すればよいという考えが定着してしまっています。

そうすると会社としてひとを大切にするという考えはまったくありません。

強い引き止めで退職を簡単には認めない

次に危い兆候として“強い引き止めで退職をなかなか認めない”があります。 会社側は本来退職を止める権利はないはずです。 それなのに何かと理由をつけて退職を認めてくれないケースでは、危ないと考えたほうがよいでしょう。

これは先ほど説明したことと同じことになりますが採用にお金をかけらない等特別な事情があることは間違いありません。

離職率が高いというのに、改善しようとしない

離職率が高いというのに、改善しないのも人手不足に陥っている会社の深刻な問題点です。 離職率の改善を怠るということは、人を大切に考えてない会社ことがほとんどです。

人を大切にしないということは、経営陣が従業員を消耗品と考えている可能性があります。 辞めるという決断は、確かに従業員がする選択ですが、その選択をさせないための経営を行っていく責任が経営側にはあります。

それを怠るということは、社員を第一に考えない会社傾向にあるため、早めの転職を行った方がいいでしょう。

退職させないよう脅してくるブラック企業もある

もとより退職を止める権利はもっていませんが、雇用主という立場を駆使して脅す、退職できないように持ってくる会社もあるようです。 こういった体質の会社は退職についてのことだけでなく別の問題が生じますのでまっさきに転職を考慮するべきでしょう。

人手不足と退職には相関性がある!!

会社内の人手不足問題は労働者ストレスや退職と相関関係を持っています。 仕事がキャパオーバーになり疲弊して辞める人手不足の職場はキャパオーバーであることは明白。

ひとりひとりの労働環境も苦しい状態になっているので疲弊してしまうことになります。

結果的に人手不足は仕事を辞めたいと思う人の数が増える!!

人手不足により一人一人のキャパオーバーで疲弊していく環境がさらに退職者の増加を生み出します。 毎朝仕事に行くのも嫌気が差し、人によっては過剰なストレスで会社に行こうとすると泣きたくなる・動けなくなるであるとかカラダに影響が出ることもあります。

まじめな人ほど人手不足を理由に仕事を辞めたいと言えないで疲弊する!

真面目な人ほど「仕事を辞めたい」と自身から言い出せない傾向が強く、無理が続くと下手すると「うつ病」や「適応障害」等になることも。

人手不足の環境にこらえて居続けることはご自身に無理をさせていることと同じ意味。

あなたの為にも消耗しすぎるより先に現時点の職場を離れる動きを取るのが一番良いです。

人手不足で仕事を辞めたいと言えない方が持つ懸念要素

人手不足において退職を伝えることにオロオロする人は、 「いま退職すると仕事が回らなくなる」「残っている人に迷惑がかかる」「職場の人間関係を気になる」といったものから自分の気持ちを後回ししやすいことが多いです。

また、 「話し合っても辞めさせてもらえない」辞めるタイミングを先送りにされるかも」等と不安を抱えて困惑する方もいるでしょう。

ですが、これらの観点はご自身を苦しめることになります。

長引かせる分だけ高まるリスク

辞められない時期が長引く程にご自身も年齢が積み重なっていきます。 多少なりとも若い年齢の人を選ぶ日本の採用動向からすると、辞められない時間が長引いてしまうほどにご自身の市場価値がダウンしてしまう、ということになります。

その上、あなたが働かない間にも他の人は転職活動に取り組んでいますので本来入社したかった採用枠もいっぱいになっていきます。

辞められない時間が長引くほどあなた自身の転職困難になってくるため、ご自身のためにも辞めたいと決心した時は気にせず辞めるべきです。

人手不足を理由に会社を辞めさせてくれない時の解決策!!

人手不足を理由に辞めさせてくれない時の解決法方法はいくつかあります。・・・・・

ハッキリとやめると伝える

周囲に辞める意思が固いことを伝えておくことで、周りからの引き止めにあうことを防ぐことができ、気持ちがふらついても後戻りできない状況をつくることもできるはずです。

先に就職先を見つけておくことで、辞めざるをえない状況を作ることもできます。

郵便で退職届けを送る

上司に直接だすと引き止められることがありえるのと、対話することで気持ちが揺らいでしまうため思いきって郵送で送ってしまうというやり方によりす。

辞める意思がキッチリ伝わるように退職願ではなく退職届を出すようにして下さい。

【重要】人手不足で辞められないと取り違えしないこと

もう一度理解してほしいのが「人手不足は辞められない理由にならない」ということであります。

何度も言いますが退職は民法第627条で定められた労働者の権利であり、企業はその権利を拒否する力を持ちません。

【注意】辞めさせてもらえないからとバックレ(音信不通など)すると危険

逆に、辞めさせてくれないからと言って闇雲にいきなりバックレるのだけはやめてください。

「会社に迷惑がかかる~」といったことではなく(もちろんそれも要因の1つではありますが)、退職のルールが退職意思を伝えてから一番早くて2週間となっている以上、いきなりのバックレ退職は法律的に容認されていない行為になります。

バックレた後、法に基づき会社側から賠償請求など要求されるリスクが残ってしまうため、ご自身の身の安全の為にもバックレだけは止めましょう。

【ズバッと解決策!】 弁護士法人 が運営する退職代行サービスにお願いする

弁護士法人 が運営する退職代行サービスに意見を求めて退職処理をしてもらえば100パーセント退職できます。

退職代行はあなた自身の代わりにあなたの退職に関わる一切の対応の代理人としてもらえます。 代行業者が踏み切った瞬間からあなたは会社に行くことも連絡する必要も一切なくなるのでストレスなくきっちりと退職ができます。

なぜ 弁護士法人 が良いのか?

知っていましたか?
じつは法律上、金銭請求ができるのは弁護士のみができる交渉です。なので一般的な退職代行の会社は金銭請求ができないにです。

例えば退職金・給与・残業代など・・・・・。弁護士以外が金銭請求をすると最悪一度決まった退職が無効になることもありえます。

何より万が一トラブルでもめた場合解決のプロに任せておけば非常に安心です。だから、少しでも不安があるなら弁護士法人に依頼することをおすすめします。

なので、100パーセント成功させたいなら 弁護士法人 による退職代行を利用してください。

万が一のトラブルも安心なサービス↓↓

退職代行の活用における予めの確認事項をQ&Aで回答!

退職代行に関しての質問や疑問など調べてまとめてみました!こちらもぜひ参考にしてくださいね。

Q,退職への依頼費は無駄使い?

あなたがご自身で退職処理が進められるならそれで問題無いと思います。 なので、退職代行は「ご自身の力では退職が難しい」という状態になる方のみが検討されるとOKです。

弁護士法人が運営する退職代行はきっちり退職が成立できますので、「自分で辞めるのが難しい」「でもどうしても辞めたい」と不安がある人にとっては費用を支払う価値のある強力な解決案であることは間違いないです。

Q,退社時、引き継ぎせねば訴えられる?

法的な観点で言えば引き継ぎは強制的義務がありません。なので、引継ぎが無いからと言って訴えられることもないのです。

引き継ぎは「これまで職場に勤務させてもらったことへの恩義」の一環です。

恩を感じる職場環境でしたらともかく、自分がせっぱ詰まるほどの会社に対してはその限りではありません。

Q,会社は人手不足を理由に退職させてくれないのでは?

民法第627条があるので会社は労働者の退職を退けられる力を持ちません。たとえ人手不足を理由に退職の延長を迫っても法的な根拠が無いので従うことはありません。

また、退職代行は法に基づき退職する手続きを行うので、会社から提訴される心配をする必要もありません。

Q、怪しい退職代行会社に当たってしまう心配はある?

おかしな退職代行会社に当たる可能性もゼロだとは言い切れません。

なので、会社の良し悪しの見分け方として「弁護士法人が運営する退職代行かどうか?」を最初に確認してください。弁護士法人が運営しているなら間違いはありません。

Q,即日退職はOK?

民法第627条があるため、基本的に即日で退職処理にはならないようです。(会社と本人双方合意の場合は別)

ただし、即日から勤め先に行かなくても良い状態にはなれますし、そのまま退職が終了するまで(14日間)会社に行かないようにすることは出来ますから実質は即日退職と同じ状態になることはできます。

人手不足を理由に仕事を辞められないのはマイナスしかない!:人手不足の職場は消耗するだけ、ご自身への負荷が掛かります。 長引けば長引く程に体調を壊したり、心の疾患にかかるリスクしかないです。

退職は法で認められた労働者の権利。 企業側からの辞めにくくさせるような誤った圧力であなたを危険な事態にしてしまう前に、今の職場環境から解放されてくださいね。

万が一のトラブルも安心なサービス↓↓

人手不足で困ったなら健康経営に目を向けみよう

リモートワーク人手不足の会社にうんざりして、できるだけ経常的な人手不足のない職場に転職したいと考える人も多いと思います。そんな時に、1つの目安にして欲しいのが、健康経営です。

健康経営ではスタッフの健康を維持することによって、生産性の向上や離職率のマイナスを目指します。従業員は会社で勤務しながら健康維持ができますし、会社は従業員の仕事ぶりの向上によって業績の向上をもたらすわけです。

ある企業では離職率が高まったために、人事制度を根底から見直しました。従業員が100人いれば100通りのワークスタイルがあるべきと考えて、1人1人が望む働き方を実現しようとアレンジをしたわけです。

育児や介護とは違う個人の事情にも対応しながら、勤め先や時間を決められるようにしました。ひとりの声をしっかり聞いて働き方の多様化に対応したところ、離職率は低下し人材育成のコストも抑制されるようになりました。

また別の会社では、従業員から福利厚生のオーダーがあれば、リアルに採用する取り組みを始めました。従業員は自分たちの声が活用されていることに、安心感を持てるわけです。

この企業では従業員全員でサッカーの試合を観戦するのにサッカー休暇を設けたり、食事を1日1回無料で配布したりしています。従業員のための取り組みといっても、お堅いものに限らず、ユニークなものも多いのです。

健康経営を実施する会社では、離職率の低下を狙うために、さまざまなチャレンジを行っています。各社の公式Webサイトでも取り組み内容をチェックできることが多いので、転職のさいの参考にするのはいかがでしょうか。

まとめ

人手不足の会社で勤務し続けることの危険性や、辞める手順などを解説しました。優しく責任感に満ちた人は、辞めることは申し訳なく思いがちです。

そして人手不足をほっとくような企業は、優しい人の気持ちにつけこみます。そのまま続けても労働環境は改善されないので、強い意志を持って辞める旨を伝えましょう。

  • この記事を書いた人

点と点が線

雑学王になりたくて、日々様々なことをインプットしています。とくに、お土産・イベント・お祭り ・スポーツ ・ビジネス ・ファッション ・ライフスタイル ・レジャー ・健康 ・動物 ・天体・気象・年末年始・お正月・引っ越し・役立つ雑学・掃除・敬老の日日本の習慣・行事 ・植物・法律・制度・海外・英語・紅葉・結婚式・恋愛・美容・電子機器・テクノロジー・飲食・顔文字・絵文字などのジャンルが得意で、あなたが「今すぐ知りたい」と思うことをズバッと解決する情報を発信していきます。

-ビジネス