キャンクリ

夙川学院短期大学 夙川学院短期大学 夙川学院短期大学

TOPページ > 夙川学院短期大学

夙川学院短期大学 SHUKUGAWA GAKUIN COLLEGE

大学からみた地域連携事例の特徴について

本学の地域連携の特徴は学内と学外に分類する事ができます。学内は夙凛祭(学園祭)、冬至祭(光のメタファー)などで、地域の住民を招待し、高い評価を得ています。また最近では子育て支援ルーム「しゅくたん広場」を開設し、多くの近隣住民が利用しています。学外は野外アートフェスティバル in にしのみや、サマーフェスティバル・イン越木岩、苦楽園夏祭り、こしき岩防災の日などがあり、美術・デザイン学科、学友会、ボランティア部、甲岑会(茶華道部)、軽音楽部などが毎年参加しています。

イベント情報


イベント情報は随時更新します。

前の5件


〒662-8555 兵庫県西宮市甑岩町6-58
0798-73-3755/0798-73-9136
阪急甲陽線甲陽園駅より徒歩12分

学院創立130年、短期大学開設45年の歴史。広い視野と自己表現力ならびに精神的自立につながる教育を教育方針としています。山手にあり海が見渡せる豊かな自然環境のもと、家政学科ファッション専攻、食物栄養専攻(栄養士・食生活コース)、児童教育学科(初等教育・幼児教育コース)、美術・デザイン学科、専攻科(美術・デザイン専攻)、専攻科(保育専攻)で専門知識と技術を身につけます。



地域連携事例

冬至祭・光のメタファー展

冬至祭・光のメタファー展冬至祭・光のメタファー展とは:一年で最も夜の長い冬至の頃に、学校の照明を消し学生の光のアートを展示する一夜だけの展覧会です。真っ暗なキャンパスに、光のオブジェ・スクリーン映像・影絵などの様々な作品が響き合い、幻想的な世界を創出します。「表現研究」の授業から始まった学習成果の発表は、地域に開かれた交流の場へと発展して、今年で16年目を迎えます。学生は企画や広報に参加し、光とサウンドのライブや、ろうそく影絵づくりのワークショップも行い、地域住民との交流を深めています。当日学内では、図書館でのミニコンサートやホワイトホールでのX’masイベントも開催されます。

地域の夏祭り、イベントへの参加

地域の夏祭り、イベントへの参加サマーフェスティバル・イン越木岩(地元の越木岩青年会の主催で毎年8月に開催されるお祭り)、苦楽園夏祭り(毎年7月下旬に苦楽園小学校運動場で開催されるお祭り)、野外アートフェスティバル in にしのみや(毎年10月に西宮市野外文化事業として開催されるイベント)。 これらの夏祭り、イベントに本学から美術・デザイン学科、学友会、ボランティア部、甲岑会(茶華道部)、軽音楽部、ダンス部などが作品展示やアート制作、模擬店や演奏・演技に参加しています。


地域連携窓口・問い合わせ先

阪神地域キャンパス・クリエーター支援事業 連携窓口

(NPO法人コミュニティ事業支援ネット内)

TEL:0798-23-3738

MAIL:

地域連携窓口・問い合わせ先

阪神地域キャンパス・クリエーター支援事業 連携窓口
(NPO法人コミュニティ事業支援ネット内)

TEL:0798-23-3738

MAIL: