キャクリ

キャンクリ学生実行委員会 キャンクリ学生実行委員会 キャンクリ学生実行委員会

TOPページ > 事業趣旨・実施主体 >平成22年度 第1回 キャンクリ学生実行委員会

目次

キャンクリ学生実行委員会の概要キャンクリ学生実行委員会の各グループの目標

平成22年度 第1回 キャンクリ学生実行委員会

若い力を活かした地域づくり〜阪神南地域の将来像を語る

■日時:平成22年7月3日(土)14:30〜15:50

■場所:大手前大学 さくら夙川キャンパス

当日参加者:25名


第1回キャンクリ学生実行委員会は、右記のプログラムで開催しました。実行委員会では、4つのグループに分かれ、実行委員会と同日の16時〜開催されるキャンクリトークでのグループ紹介に向けて、今後の主な活動内容と各人の抱負を考えるワークショップを行いました。
参加した実行委員会の学生たちは、第1回目ということもあり少し緊張気味ではあったものの、初めて出会った仲間と共に意欲的な話し合いが行われました。
大学/大学生×地域の連携に向けた今後のキャンクリ学生実行委員会の取り組みについては、このホームページ(情報サイト「キャンクリ」)で順次紹介していきますので、是非ご覧ください。



内容
■開会
あいさつ・・・・
兵庫県阪神南県民局長  中西 一人
関西学院大学副学長・教授 浅野 考平
■事業説明
阪神地域キャンパス・クリエーター支援事業について
キャンクリ学生実行委員会
■委嘱状の交付
兵庫県阪神南県民局長 中西 一人
■質疑応答
全員で簡単な自己紹介
■チーム分けと簡単なチームワーク
キャンクリトークで発表するプロジェクトチームの活動抱負

TOPへ戻る


「キャンクリ学生実行委員会」とグループの紹介

「キャンクリ学生実行委員会」とは・・・?


目 的:

阪神地域の学生を主体とした「阪神地域キャンパス・クリエーター支援事業 学生実行委員会(以下、「キャンクリ学生実行委員会)という。」を設置し、シンポジウムの企画運営や情報誌・サイト「キャンクリ」の運営、兵庫県政に対する意見・提言を行うことを通じて、学生の企画力や実践力などの社会人基礎力の向上を図り、さらには若者の県政に対する参画意欲の醸成を図り、次世代の地域や社会を担う地域クリエーターの育成をめざします。
ついては、兵庫県阪神南県民局長より委嘱された学生が、学生の目線で、地域の方や大学のニーズを吸い上げ、大学/大学生×地域の連携を推進するために、学生が主体となり、4つのプロジェクトグループに分かれて、活動を進めていきます。

委員人数:

30名程度

活動期間:

平成22年7月3日〜平成23年3月31日(月1回程度程度)

活動内容:

4つのプロジェクトグループ(1グループ7〜8名)に分かれ、専門家や地域住民との意見交換などによるスキルアップを図りながら活動を行います。
各プロジェクトグループのコーディネートは、兵庫県阪神南県民局・阪神北県民局およびNPO法人コミュニティ事業支援ネットが担い、各大学や地域と連携しながら必要な支援を行います。

A.イベント企画運営グループ(シンポジウムの企画・運営等)

活動内容:

大学と地域と連携を目的としたシンポジウムの開催(平成23年2月、園田学園女子大学に於いて開催予定)に向けて、その内容の企画や準備、当日の運営などを行います。

B.ツール制作グループ(「キャンクリ」の運営や広報ツールの制作等)

活動内容:

シンポジウム開催に伴うチラシなどのツール制作や情報サイト「キャンクリ」の更新や新規ページの構築などの運用を行います。

C.取材グループ(取材、情報収集等)

活動内容:

情報サイト「キャンクリ」に掲載する記事を集めるため、新たに実現した大学と地域との連携事例や大学が取り組む地域との連携事例などの取材を行います。

D.政策提言グループ(大学と地域の連携に関する政策提言等)

活動内容:

大学と地域との連携の促進に向けて、地域や大学からの連携依頼から見えてくる課題などを踏まえ、大学生の目線で政策提言を行います。

TOPへ戻る

キャンクリ学生実行委員会の各グループの目標

A.イベント企画グループ

グループ活動の様子
≪グループ目標≫

地域と大学生とをつなぐための機会を作るために、シンポジウムの企画・運営を行います。地域と大学生との関係をつなぎ、大学/大学生と地域との懸け橋になれるよう努めていきたいと思います。

≪グループリーダーより一言≫

今回の企画を素晴らしいものにするために私たちの持つ若い力と知恵を活かして、全力で頑張りたいと思っています。どうぞよろしくお願い致します。

B.イベント企画グループ

グループ活動の様子
≪グループ目標≫

地域と大学生とをつなぐための機会を作るために、シンポジウムの企画・運営を行います。地域と大学生との関係をつなぎ、大学/大学生と地域との懸け橋になれるよう努めていきたいと思います。

≪グループリーダーより一言≫

今回の企画を素晴らしいものにするために私たちの持つ若い力と知恵を活かして、全力で頑張りたいと思っていますのでよろしくお願い致します。


C.ツール制作グループ

グループ活動の様子
≪グループ目標≫

今までのホームページや、ポスターをより良いものにするために、全員の個性を活かして全力を尽くして頑張ります。

≪グループリーダーより一言≫

最後にはみんなで笑顔とガッツポーズが出来るように、後悔しないように頑張っていきたいので宜しくお願い致します。

D.政策提言グループ

グループ活動の様子
≪グループ目標≫

地域の皆さまの声をしっかり聞いて、一生懸命発信をしていきたいと考えております。

≪グループリーダーより一言≫

政策提言というなかなか難しいテーマですが、大学/大学生と地域とを結んでいけるような提言が出来たらと思っていますので頑張って行きたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。


TOPへ戻る